ネットオークションで「延長」されたときのがっかり感

衝撃的な顔の男性

先日、前々からほしいとおもっていた商品をネットオークションで見つけました。

オークション終了まで残り30分。

落札者は1人。

うまいこと落札したら、いけるんじゃないの!?という期待、しますよね。

でもそんな淡い期待は「延長」によってはかなく散ってしまいました。

スポンサーリンク

ネットオークションの「延長」がきらい

普段はそんなに利用しないのですが、どうしてもほしいものがあったときはネットオークションも検索範囲にいれます。

マイナーめのCDだったりすると落札者もほとんどいなかったりで、いい感じのお値段で手に入れることができます。

(落札者がたくさんいらっしゃるものは最初から落札しません)

今までがそんな感じだったから、ネットオークションをあまくみておりました。

最後1分の落札

最近父もヤフオクを利用して、趣味のゴルフ用品などをゲットしております。

前に2人でごはんを食べにいったときにその話になって、「終了1分前の落札のタイミングが大事やねん!」なんて父が得意げに語っていたのです

ほおほお。なるほど。

というわけで、わたしもそのラスト1分前の落札を実践いたしました。

せまりくる終了時刻。

じりじりと獲物を追い詰めるように、ぎりぎりまで待ちます。

もうこれ以上待ったら処理の時間でオーバーする!ってくらいまで待って、自信たっぷりに落札をクリック!

はいきた!落札してた方ごめんあそばせ!くらいの気持ちでページを更新したら、したら…

出品者が終了時刻を10分延長しました

なあああああにいいいいいいいいい!!!!!!!

もうがっかりなんてもんじゃないですよ。

そしてそのタイミングで、わたしより先に落札していた人が上乗せして落札。

ああ、もう、これでわたしが落札したら思う壺だわ…

そしてさらに延長を重ねる出品者。

でも、悔しいのでそこからは落札しませんでした。

しかたなくあきらめた。

ネットオークションもうやだ

こういう、延長だったりちょっと今までより上乗せしての落札だったり、そういうやりとりがとても苦手です。

どきどきします。

やす!とおもって落札したはずのCDなのに、終了間際でもう一人のひとと争うように落札しまくって、定価とあんまり変わらないようになったこともありました。

ばかでした。

なので、そんなわたしはもうネットオークションはやめようとおもいます。

前回紹介したフリマアプリ「メルカリ」。

話題のフリマアプリ「メルカリ」なら、ほしいものが安くゲットできる
ちょっと前にテレビのCMで見て気になっていた「メルカリ」。 オークションではなく、フリーマーケットという形式をとったア...

もうこれがいい。

腹のさぐりあいとかない、平和なフリマアプリがいい。

お値段よりも値切ったりできるし、フリーマーケット最高。

まとめ

出品してる側からするとお値段があがっていくのはうれしいことですけど、買う側からすると終了時刻までそわそわもんです。

最後の1分で誰かかけこんできたらどうしよう…とか。

お父さんも、オークション終了するまですんごいそわそわしてます。

かなり安くゲットできればいいんですが、落札し合うとけっこうお値段あがっちゃうし。

やった!落札自分だけ!ってよろこんだところに、他の人がきてもっていかれたらかなしさ倍増ですよ。

うん、ネットオークションむいてない。

それでも、ほしいものがあったらまたなんだかんだ利用するとはおもいますが。

延長制度なくしてくれたらいいのになーとおもうけど、出品側からしたら絶対ほしい制度ですよね。

がまんします。

みなさんも、延長にはお気をつけください。

以上、「ネットオークションで『延長』されたときのがっかり感」でした。




<こちらの記事もどうぞ>

試着室においてある「細く見える鏡」って、ずるくないですか
先日、神戸のとあるお店で洋服を試着しました。 試着した自分を鏡で見てみると、すらっといい感じに映るじゃありませんか。 ...
スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアお願いします↓

記事の更新情報を配信してます↓

Twitter
facebook