港で出会う芸術祭、神戸ビエンナーレ2015に行ってきた<後編>

風景を切り取る

高校生の大群に圧倒されたわたしたち。

一度メリケンパークを離れてハーバーランドへ向かうことにしました。

見れなかった展示はまた再入場して見ればいいやと考えていたのですが、まさかの展開に。

そんな後編はじまりです。

スポンサーリンク

神戸ビエンナーレ

前編はこちらから↓

港で出会う芸術祭、神戸ビエンナーレ2015に行ってきた<前編>
その存在は知りつつも、今まで行ったことのなかった神戸ビエンナーレ。 今回、友達からのお誘いで一緒に行ってきました。 ...

ハーバーランドへ

メリケンパークをあとにして、ハーバランドへ向かいました。

船乗り場の近くにあったアート。

風景を切り取る

神戸の街を切り取ってうんたらかんたらみたいな作品だったと思います。

攻殻機動隊のポスターに興奮

フェリーターミナルの方に何かがあるような表示があったので、中にはいってみました。

ところが、アートらしきものは見当たらない。

もう出ようかというときに見つけた、このポスター。

攻殻機動隊の公安9課が!!

公安9課と神戸市のコラボです。

かっこいい。

神戸タワーはじめてかっこいいと思いました。

今日一番興奮した。

神戸な景色

そういえば神戸タワーの写真って撮ったことなかったなあと思って撮った1枚。

神戸

気持ちのいいお天気でした。

このへんに来たのは久しぶり。大学生以来です。

ここまでわりとはしゃいだので、適当なカフェで休憩。

六甲牧場のソフトクリームが食べたかったのに、お店が見つけられなかった。

ハーバーランドの建物ほんとにわかりにくい。

umieでのグリーンアート

ハーバーランドの展示は、umieというショッピングモール内の展示でした。

植物を使った作品。

植物があちこちからとびだすベンチや、茶室。

温暖化によって枯れた植物を松葉杖で支えたものなど。

再びメリケンパークへ

ハーバーランドの作品をさくっと見て、メリケンパークへ戻ってきました。

今ならきっと彼らも帰っているだろうと。

が、なんと、もう閉まっていた

だいたいこういうのって17時までじゃないですか、入場は16時半までとかですよね。

そうだと思ったんですよ。思ってたんですよ。

ところが、16時までだった

まさかの、16時までだった

そんな…!!

そんなあーー…

無料展示を見る

わざわざ戻ってきたのに見れないのはショックでしたが、有料会場の外には無料の展示があるとのこと。

なので、そちらを見に行ってきました。

これは虹を集めるトンボ。

とんぼの作品

光があたると、地面が虹色になるというものです。

夕方であまりにも西日すぎて見れませんでしたけどね。

そのほか、海の近くにぐるっといくつかの作品がありましたよ。

展示じゃないけど好き

奥のほうまで進むと、展示ではないのですがこんなものがありました。

不思議な岩

大きな岩の真ん中が、真四角に切り取られたもの。

四角の中に写る景色が絵画のよう。

超薄型のテレビに見えなくもないです。

ただ岩をくり抜いただけなのに、すごく不思議な景色に見えます。

今回の展示ではないけれど、この岩すきだな。

後編まとめ

再入場できるからと安心しきって時間の確認を怠っていました。

土日は17時まで開いているそうですが、平日は16時まで。

これから神戸ビエンナーレに行く方は、その時間に注意してください。

結局メリケンパークの展示は見ることができず、残念。

でも、なかなか楽しめたのでよかったです。

神戸ビエンナーレは来月の11月23日まで開催しています。

来年は見ることができないので、気になった方は行ってみてくださいね。

以上、「港で出会う芸術祭、神戸ビエンナーレ2015に行ってきた<後編>」でした。

<こちらの記事もどうぞ>

アートだけじゃない、わたしなりの Rokko Meets Art をもっと楽しむ方法
Rokko Meets Art、もちろんアート作品を楽しむイベントですが、わたしはその他にも勝手に楽しんでいることがあります...
スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアお願いします↓

記事の更新情報を配信してます↓

Twitter
facebook