夏フェスの必需品、あると便利な持ち物をリストアップしました(イラスト)

カラフルな生地とサングラスとヘッドホン

今回は夏フェスの持ち物について。

忘れちゃいけない必需品から、持っていくと便利なものまで紹介します。

時計などの身に着けるものは服装のときに紹介したので、ここでははぶかせてもらいます。

スポンサーリンク

夏フェスの持ち物

絶対いります必需品

夏フェス持ち物必需品

・チケット

フェスのチケット。これを忘れたら入れません。

ぜーったいに忘れないように。

あと、行きや帰りのバスなどのチケットもお忘れなく。

・お財布

なるべく身に着けるバッグの荷物は少なくしたいところ。

なので、お財布も小さいものを選びます。

何度も紹介していますが、わたしの愛用しているジブはほんとにおすすめ。

生地が軽くて丈夫。そして明るい色がかわいい。

配色もたくさんあるので、どれにするか迷います。

・現金

アーティストさんのグッズ、会場内の飲食物を買うのには、カードは使えません。

なので、使いたい分のお金はきちんと用意しておきましょう。

持ってきすぎるといろいろグッズやら食べ物やらほしくなるし、ないとないで我慢しなきゃいけない。

会場内ではペットボトルもちょっと高いので、グッズ買いすぎて水買えない!なんてことのないように。

・保険証

炎天下の中の野外フェスでは、ちゃんと水分をとっていても熱中症になってしまう人がいます。

なので、もしものときのために保険証を持ってきておいてください。

保険証なくしたら嫌!って方は、コピーでもいいです。

・携帯電話

友達とよく別行動になるので、待ち合わせには電話がかかせません。

いろんなアプリも使えて、カメラのかわりにもなる。便利です。

あついときは携帯の充電の減りがはやいので、無駄に使わないように。

快適にすごすための衣類

夏フェス持ち物着替え

・着替えのTシャツ

1日あっつい中でフェスに参加したら、もう汗だくになります。

そのまま電車に乗るのもなー、寒いし。

というときに着替えのシャツがあると助かります。

買ったTシャツを着ることも多いです。帰りもうれしい気持ちで。

・替えのタオル

Tシャツ同様、タオルもよくぬれます。

フェス中に交換できるよう、替えを持ってきておくといいですよ。

買ったタオルでもいいんですが、さらのタオルっていうのはどうも水をはじく。

と言いながら、いつも買ったらうれしくてすぐに使っちゃうタイプです。

・サンダル

帰りのリラックスのために。

まだモンベルのサンダルがほしいなーと思ってます。未練たらたら。

ただ、トレッキングシューズをはいていくなら、脱いだものを持って帰るのが重い。

その場合は、サンダルはあきらめようかと思ってます。

車だと楽なんですが、バスと電車なんですよね。

・ポンチョ

ポンチョでなくても、なにかしらの雨具は持っていきましょう。

降ってるときは気持ちよくて、なんとなくぬれたい気持ちになりますが、後で後悔します。

びしょぬれはかなり気持ち悪いし、風邪をひく可能性も。

100均のカッパでもいいので、きちんと雨から守ってください。

・防寒具

山の方である野外フェスなら、夕方からぐっと冷え込んできます。

なので、気温の変化に対応できるように羽織れるものを持っていくといいです。

あると便利な小物類

夏フェス持ち物小物

・日焼けどめ

紫外線が降り注ぐ野外フェス、日焼けどめは必須アイテムです。

晴れの日はもちろん、くもりでも紫外線はバンバン。油断できません。

汗をかくと落ちてしまうので、こまめにぬりなおしを。

最近CMやってるスプレータイプも気になります。

・レジャーシート

大きい方の荷物を置いておくためのレジャーシート。

荷物が置ければ十分なので、100均のレジャーシートでことたります。

ゆるっとしたフェスの場合、寝転がったりすることもあるかと思いますので、そういう人はちょっと大きめがいいです。

フェスによってはあんまり大きいとスタッフさんにたたんでくださいって注意されることもありますが。

・ゴミ袋

なにかと役にたつのがゴミ袋。

会場内をうろうろしているとき、食べものを買ってちょっと座りたいなーってときありますよね。

レジャーシートの場所まで戻るのは遠い…ってときに、ゴミ袋です。

ささっとしいて、レジャーシートのかわりにできます。

たためばかなり小さくなるので、ズボンのポケットにも入る。

急な雨しのぎにもなるし、帰りはゴミ袋として使うことができます。

2枚ほどあると忘れた子にもあげれるのでよい。

・汗ふきシート

日焼けどめをぬりなおすときに、さっとふくとすーっとします。

アトピーになってから使ってないけど、かゆくならないといいな。

・ウェットティッシュ

手を洗うところはあるけど、簡単に手がふけるウェットティッシュはやっぱり便利。

・ポケットティッシュ

ぬれたティッシュだけでなく、ふつうのティッシュもお忘れなく。

野外では砂埃がすごいので、鼻をかみたくなります。

かんだら砂のせいで茶色です。

・ジップロック

荷物を雨と汗から守ってくれる強い味方。

ウエストバッグの中身が汗でぬれないよう、あらかじめジップロックにいれておくといいですよ。

リュックの方の中身も入れてていいですが、雨が降ったらまるごとゴミ袋にほりこめば大丈夫なので不要かと。

・目薬

紫外線を長時間浴びると目に影響があるというお話をしました。

かゆみや痛みがでてくるとつらいですよね。

そんなときにさっと目薬。

あんまり使わないけど、やっぱり使うと充血もひきます。こわいくらいにすっと。

・虫よけスプレー

汗をかくと蚊がよってくる。

なので、かまれる可能性もあがります。

特に、草がはえてるところにいる時間が長いのであれば、持っていっておいた方がいいです。

・絆創膏

なんか怪我したときに。

・扇子、うちわ

ちょっとあおぐだけでも涼しい。

扇子ならウエストバッグに、うちわならレジャーシートの方に。

・LEDライト

キーホルダーになっているライトをもらったので、それを使ってます。

ただ、スマホのLEDライトアプリもあるので、わざわざ買う必要はない。

食べもの飲みもの

夏フェス持ち物食べ物飲みもの

・凍ったペットボトル

会場内でももちろん飲み物は買えますが、わたしは凍ったお水を2本ほど持っていきます。

凍ったものだと溶けきるまでぬるくならないので、冷たいまま飲むことができます。

日帰りなら家で凍らして行けるけど、泊りがけのときなんかはコンビニで買ってました。

・折りたたみクーラーボックス

これもけっこう便利。

100均で買った、銀色のものを使いました。ペットボトル4本くらいの容量です。

最後はたたんで帰れるのもいい。

昔、100均いったら発泡スチロールのクーラーボックスしかなくて、それ持って香川のモンバスまで行ったんですよ。

まーあ邪魔でしたね。帰りにぶっつぶして捨ててきました。

・軽食

朝がはやくてごはんをゆっくり食べれなかった…って人は、軽食を持っていきましょう。

腹ごしらえにおにぎり。そのほかちょっとつまめるものを持っていっておくと小腹がすいたときにいいです。

凍ったペットボトルをクーラーボックスに入れておけば保冷剤代わりになります。

その中に入れておけば、少しなら持ちますよ。※炎天下で長時間の放置は危険

フェス飯もいいんですが、これでこの値段?ってのもありますから。

わたしはちょっと持っていって、フェス会場でもなんか食べます。

まとめ

花火大会の持ち物と似たり寄ったりな感じになりましたね。

車の免許を持っていないので、基本的に電車。

なので、なるべく手持ちは少なく、でも、便利なものは持っていきたい。

野外フェスではお天気も変わりやすかったりするので、その後風邪をひかないように用意はばっちりと。

わたしもようやくチケット買いました。あとは当日を待つのみです。

みなさんも、夏フェスおおいに楽しんできてくださいね。

以上、「夏フェスの必需品、あると便利な持ち物をリストアップしました(イラスト)」でした。

<こちらの記事もどうぞ>

夏フェスの服装は、だいたいこんな感じです(イラスト)
帽子雨具靴かばんときましたので、今回は服装について。 はじめてのフェスだったら、「どんな服装でいけばいいの?」と思う方...
スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアお願いします↓

記事の更新情報を配信してます↓

Twitter
facebook