どこか懐かしい味わいのする阿倍野団子本舗のきなこだんご

きれいに包装された阿倍野だんご

知り合いの方からおすすめされたお団子、大阪に数店舗ある阿倍野団子本舗へ行ってきました。

今回は期間限定出店しているところで購入したので、店頭写真はありません。

懐かしい味わいのきなこだんごのご紹介です。

スポンサーリンク

どこか懐かしい味わいのする阿倍野団子本舗のきなこだんご

阿倍野団子本舗というお店、ご存じですか?

大阪の昭和町に本店があるこちらのお店は、大阪内に数店舗ある人気店なんだそうです。

実はわたしは知らなくて、今回知り合いの方に教えていただいて初めて知ったんです。

ちょうどお店が帰り道にあるということだったので、買ってきました。

1本80円からのお手頃価格

こちらのきなこだんごは、1本80円とかなりお手頃価格になっています。そこも人気の理由ですね。

1本80円なんですが、たくさん買うとちょっと安くなります。

たとえば、10本なら800円のところ、780円になるんです。

食べ歩きでちょっと買う人もいれば、家族へのお土産にたくさん購入している人もいました。

14本1050円のものを購入

そんなに食べるかなーとか思いながらも、14本入りのものを購入しました。

大阪にある阿倍野だんご

でかでかとだんごの文字が書かれた紙の箱。

これを開けるときなこだんごが入っています。

きなこがかかったおだんご

うーん、今回は催事で作り置きのためか、なんだかきなこがかたまっている。

前に買ったときはもうちょっときなこがふわっとしてたんですけど、仕方ないんですかね。

ちなみに、ちょっとだけかける用のきなこがついているので、お好みでご使用ください。

なんだか懐かしい味のするおだんご

秘伝の蜜をつけ、そのうえからきなこをたっぷりまぶしてあるのが、ここのきなこだんごです。

食べてみるとわかるんですが、ものすごく懐かしい味がするんですよ。

初めて食べたはずなのに、なんか昔食べたことがあるような…

そう、駄菓子屋さんで売っていたきなこ棒のような味がするんです。

あのきなこ棒がやわらかーいおだんごになった感じです。

母にも伝えたら、ああ、たしかに!と言っていましたし。

大人版きなこ棒というか、とにかくあのきなこの甘さ加減が似ているような気がするんですよね。

次の日に食べてもやわらか

やっぱり5人家族に14本は多かったみたいで、次の日にも残ってしまいました。

あーもう食べれないだろうな…と思いながら食べてみたら、なんと、まだやわらかいんです。

だいたいおだんごって次の日には固くなってあんまりおいしくないんですけど、これは全然大丈夫でした。

ただ、買った日と比べると多少は固くなっています。

というか、もともとすんごくやわらかいから多少固くなってもかたすぎないのかなって。

もうね、やわらかすぎてのどにつまるんじゃないかって思うくらいやわらかいんですよ。

個人的には少し弾力のあるおだんごの方が好みですが、これはこれでおいしいです。

まとめ

たしかに人気店みたいで、催事を行っていた場所では人が並んでいました。

でも、なるべくきなこがふんわりしたおだんごが食べたいなら、店舗で購入した方が良さそうですね。

どうしても箱に入れて作り置きになっちゃうから。

これでもかってくらいにきなこをいれてくれるのがうれしいので、わたしはこれからそうしようと思います。

次の日でもまだ食べれるけど、でもやっぱり当日食べたほうがおいしいので、買いすぎないように注意してください。

以上、「どこか懐かしい味わいのする阿倍野団子本舗のきなこだんご」でした。

阿倍野団子本舗(HP)

スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアお願いします↓

記事の更新情報を配信してます↓

Twitter
facebook