まるで家のように落ち着く雰囲気の古本屋さん 甘夏書店

古いお家を改造したっぽいたてもの

曳舟から向島へあまいものめぐりをしたあとは、スカイツリーへ向かって歩いていきました。

<あまいものめぐりの詳しい記事はこちら→お花見シーズンに行きたい、東京スカイツリー周辺の下町おいしい和菓子屋さんまとめ

その道中で発見したのがこのたてもの。

一見ふつうのお家のようですが、窓からのぞいてみると雑貨も扱うカフェっぽかった。

ので、行ってみました。

スポンサーリンク

まるで家のように落ち着く雰囲気の古本屋さん 甘夏書店

気になったたてもの、入ってみると中はやはりカフェでした。一軒家カフェikkaさん。

雑貨の展示もしていて、ふんふんと眺めていたんです。

そしたら、店員さんが2階にもお店があるんでよかったらどうぞーと言ってくださったんで、あがってみました。

くつを脱いで2階にあがると、こじんまりとした古本屋さんがあったんです。その名も甘夏書店。

甘夏の形がかわいいお店の看板

甘夏を模した形とか、フォントがかわいい。

両サイドには紙のぶどうもありました。

本屋さんというより、本がある家という感じ

本屋さんってすきなんですけど、お店によってはすごく緊張感が漂うところありますよね。ぴーんと空気がはりつめているような。

この古本屋さんは、そんなところとは真逆。

まるで誰かのお家におじゃましたみたいな、そんな空気が流れています。

本屋さんらしからぬ落ち着いた雰囲気

ゆったりとした中で、じっくりと本を探せます。

テーブルの高さも低くて、思わず床に座り込んで本を見たくなりますね。下座れるしね。

絵本がたくさん

お店はこの写真に写っている部分だけなんですが、その約半分は絵本でした。

いろんな絵本を物色したくなる

ここが絵本コーナーですね。

クリスマスが近かったので、クリスマス特集な感じのディスプレイです。

ここらへんの地域では子供に絵本の読み聞かせを行っているそうで、そんなボランティアの方たちがここに絵本を探しにくるんだとか。

気になる小冊子もいっぱい

絵本のほか、壁に飾ってあるこちらのシリーズも気になりました。

この自主制作ぽい感じ、いいです。

うすいけど、中身はぎっしりな本

オバケダイガクというこのシリーズ、なんだか興味をそそられる内容なだけでなく、中は手書きで書かれているのです。

読み頃採りたてということなので、みなさんもぜひお手にとってみてください。

そしてもうひとつ気になったのがこれ。

小さくてかわいい豆本

まず左側は豆本と呼ばれる、手のひらに余裕でおさまるサイズの本です。

なんとかわいい大きさ。

以前行われたワークショップでは、体験者の方々と一緒にこれを作ったそうです。楽しそう。

で、右側の本。

これは、「食物語」という本で、いろんな人の1番古い「食べ物」にまるわるエピソードを集めたもの。

鮮やかな色が記憶に残っている、おいしそうなにおいがすきだったとか、逆に、あれがどうも苦手だったとか、とにかく色んな記憶が詰まった1冊です。

みなさんの手書き(たまにワープロ打ち)の文章、イラストによって、わたしもその記憶を少し共有できました。

ギャラリーもあります

この本屋さんの隣にはスペースがあって、ギャラリーとして活躍していました。

クリスマスまでの期間限定展示はステンドグラス。

色んな組み合わせが美しいステンドグラスのランプ

これは障害者の方々が制作したものだそうです。

ステンドグラスって窓にあるイメージだったんですが、こうやってランプにするとすごくきれいですよね。

お店の中のライトもステンドグラス仕様になっていて、わたしも真似したくなりました。

まあ、ステンドグラスが似合うような部屋ではないのですが。

お隣のスペース、今はギャラリーというこだったのですが、色んな用途で使用されるようです。

甘夏書店さんのワークショップで使ったり、ライブ会場になることもあるとか。

まとめ

なんとなーく入ったお店で、かわいい古本屋さんが見つかって大満足です。

こじんまりとした古本屋さんですが、ぎゅっとつまった感じでした。あとなにより落ち着いて本が見れる。

下にはカフェがあって、雑貨の展示もあって、上には古本屋さんとギャラリー。

住宅地にぽつっとあらわれるこのお店、ぜひぜひ行ってみてください。

以上、「まるで家のように落ち着く雰囲気の古本屋さん 甘夏書店」でした。

甘夏書店(HP)

一軒家カフェikka(HP)

スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアお願いします↓

記事の更新情報を配信してます↓

Twitter
facebook