生のヨモギを使ったやわらかい草餅がおいしい 向じま 志゙満ん草餅(じまんくさもち)

明るい店内には、おいしい和菓子が

スカイツリー周辺の下町でおいしい和菓子が食べたい!

ということで、1件目は草餅がおいしいと評判の、「志゙満ん草餅」さんへ行ってきました。

スポンサーリンク

生のヨモギを使ったやわらかい草餅がおいしい、向じま 志゙満ん草餅(じまんくさもち)

曳舟(ひきふね)駅から歩いて10分ほどのところ。

ふみきりを渡った道路沿い、意外なところにお店がありました。

見た目はとてもきれいで、お団子屋さんっぽくない。でもとても清潔感があります。

平日でも夕方にはかなり売り切れてます…

訪れたのが夕方だったこともあり、残念ながらガラス棚はさびしいことになっていました。

草餅にみたらし団子にどらやき

ぱたりと倒れた値札。一体どんなお団子・お餅があったんだろう。

平日だから大丈夫かなとか油断してました。次からはもっとはやい時間に来よう。

逆にいうと、それだけ人気のお店ということですよね。

平日でこれなんだから、休日や繁忙期はどうなるんだ…

生のヨモギを使った草餅(あんいり・あんなし)

売り切れもあったのですが、わたしたちが食べたかった草餅はまだありました!

生のヨモギをつみ、荒い繊維を取り除くのもすべて手作業なんです。

それゆえ、大量に作ることができず、売り切れることがよくあるんだとか。

そんな草餅がこちらです。

へんてこりんな形の、あんなし草餅とふつうの草餅

え、なんか形違う。そうです。これ、実は2種類の草餅。

手前のくぼみがある方が「あんなし」、奥のふっくらしている方が「あんいり(こしあん)」になります。

あんこが苦手な人でも食べれるのは、うれしいですよね。

あ、もちろんわたしはあんこ大好き人間なので問題ありませんが。

食べてみました

本来はテイクアウト専門のお店のようなのですが、外は寒いということで、お店の方のご厚意で店内のベンチに座っていただきました。

・あんいり

まずは「あんいり」から。

ひとくち食べると、やわらかーい生地がみょーんとのびます。

生地からは、ヨモギのいい香りが。がつっとくるよりかは、ふんわりと香る感じ。

なかのあんこはわたしの大好きなこしあん。これまた甘すぎず、ちょうどよい。

あーこれはおいしいですね。

・あんなし

続いて「あんなし」をいただきました。

あんなし=あんこが入っていない。

え、じゃあ、ヨモギの香りと味だけ!?なんてことがあるわけありません。

あんなしには、あとづけでこちらを振りかけます。

あのくぼみはしろみつときなこのために存在していたのです

草餅のくぼみの部分に、しろみつをかけ、その上からさらにきな粉。

お店でいただいたので汚さないように控えめにかけましたが、ほんとはもっとしろみつがあふれるくらいかけたかった。

あんいりと比べると、ヨモギの香りをしっかりと感じることができます。

こんな草餅は初めてだったんですが、これもまたおいしい!

ただ、こんな感じでお上品にかけると、なんにもかかっていないところはヨモギおんりーな味です。

なので、これでもかってくらいにたっぷりとかけた方がいいと思いますよ。

まとめ

ほんとにおいしくて、和菓子好きの祖父にお土産で買って帰ろうかと思ったんです。

でも、当日中じゃないとだめみたいで…

やむなくあきらめました。残念だ。

わたしたちが草餅をほおばっている間も、あんなに寒い中お客さんが訪れていました。

みなさん草餅よりもどらやきを購入されていて、たしかに、比較的日持ちするどらやきならまとめて買いにきたくなるな、と思いました。

向島に来たときは、というか、ここの草餅を食べにまた向島に行きたいと思います。

以上、「生のヨモギを使ったやわらかい草餅がおいしい 向じま 志゙満ん草餅(じまんくさもち)」でした。

向じま 志゙満ん草餅(HP)

スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアお願いします↓

記事の更新情報を配信してます↓

Twitter
facebook