三重県間崎島の民宿旅館 美城で、おいしい海鮮料理を食べてきました

海にうかぶ孤島、三重県間崎島

三重県の島のひとつ、海にかこまれた孤島。

間崎島にある民宿へ行って参りました。

スポンサーリンク

間崎島の民宿旅館 美城

前回の記事で書いたように、大阪難波から賢島まで、近鉄電車の株主優待券を使ってやってきました。

知り合いの方が営んでいる民宿「美城」。

海にかこまれた間崎島。おいしい海鮮たちがわたしを待っている。

送迎バスならぬ、送迎船

よく、旅館に泊まるときって、近くの駅まで送迎バスがお迎えにきてくれますよね。

ですが、今回はなんていったって島。孤島です。

なのでお迎えは、バスではなく、船!

テンションあがります!

元気に船を運転するおじいさん

御年85歳の元気なおじいさんが運転する船に乗って、間崎島へ向かいます。

船の内装が紫とブルーで、なんだかかわいらしい。

海にかこまれた民宿

孤島とは聞いていましたが、想像以上に海にかこまれていました。

青い空、青い海、いい朝!

左側の船が乗ってきた船。

海がこんなに近い

晴れた日はほんとにきれいな青で、とてもすがすがしい気分です。

お部屋はこんな感じ。

広々とした和室の客室

部屋からも海を眺めることができます。

お部屋からの眺めがこちら。

お庭には松の木もある

ね、すごく海が近いんですよ。

わたしのように海が近くにない人にとっては、ものすごく貴重な景色です。

お昼ご飯は豪華な海鮮料理

景色もさることながら、楽しみにしていたのは新鮮なお魚を使ったお料理。

わたし、お肉よりお魚派なんです。

一体どんなお料理がでるのかとわくわくしていたら…

新鮮なおいしい海鮮料理たち

ものすごく豪勢なお食事が。

鯛の塩焼きからお寿司、タコの酢の物、アワビのお刺身、サザエとバタガイのつぼ焼き、鯛の煮物、貝柱のかき揚げ。

ほわー!!!!なんと豪華な!!!!

どれもこれもおいしかったのですが、特においしいと思ったのは鯛の塩焼き。

塩加減が絶妙でした。

どうやら血抜きという作業がみそのようです。

一般的な民宿では、こんな風に鯛をまるごと焼いたものはなかなか食べれらないそうなので、気になる方、ぜひ間崎島まで足を運んでみてください。

あーおいしかった。

煮物もかき揚げも。つぼ焼きも。お刺身も。全部ですね。笑

ごはんを食べる時も海を眺められます

もちろん、わたしたちがごはんを食べている所からも、海が見えます。

大きな窓からは海が見える

良い眺めですねえ。

朝ごはんとか、格別にいい気持ですよ。

あとあと、壁に飾られている絵もいい感じでした。

迫力のある鯛の絵

眼の上の影?が、なんだか眉毛に見えて、とても味のある表情に見えます。

朝ごはんは獲れたてのアワビをいただきました

次の日の朝ごはんには、獲れたてのアワビをいただきました。

民宿の前の船が泊まっていたところに、イケスがあるんです。自然のイケス。

で、そこからこんな風にアワビを取り出します。

イケスからアワビをとっています

これが獲れたてのアワビです。

うにょうにょ動くアワビ。生きてる

うにょうにょと動いていました。

ほんとのほんとに獲れたてアワビ。

これをバターソテーにしていただいたのですが、めちゃくちゃおいしかった。

今まで食べたアワビのバターソテーの中で、一番おいしかったです。

やっぱり新鮮さって大事ですね。全然違う。

まとめ

お部屋にお風呂はありませんが、大浴場のような感じで大きなお風呂に入ることができます。

あと、びっくりしたのが、水道水が飲めるお水だということ。

三重県といえば伊勢神宮がありますし、やっぱり空気というか、土地が澄んでいるんでしょうね。

おいしいお水でしたよ。

おいしいお魚が食べれて、幸せでした。

美城のみなさん、お世話になりました、ありがとうございます。

お値段など、詳しいことは公式HPをご覧ください。

以上、「三重県間崎島の民宿旅館 美城で、おいしい海鮮料理を食べてきました」でした。

民宿旅館 美城(HP)

<こちらの記事もどうぞ>

大阪ー三重を近鉄電車で移動するなら、株主優待券と回数券のどっちが安いのか
先日、初めて近鉄電車に乗って三重県まで行って参りました。 近鉄電車に乗るなら知っておきたいお得な切符、株主優待券と回数...
行く前に知っておきたい、伊勢神宮の参拝順序
三重県の伊勢市の観光名所といえば、「伊勢神宮」。 パワースポットとしても、近年人気の場所となっています。 そんな...
スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアお願いします↓

記事の更新情報を配信してます↓

Twitter
facebook