神戸元町にある中華街、南京町で食べ歩き

まるで中国な長安門

友達が中華街に行きたいということで、久しぶりに神戸元町の南京町に行ってきました。

手前の自販機のパンダちゃんがかわいい。コーラ持ってるんです。

あと、ファミリーマートが真っ赤でした。さすが中華街。

スポンサーリンク

神戸南京町をぶらり

神戸ルミナリエに行った日のお昼は、元町にある南京町へ行くことに。

中華街って人が多くて、呼び込みがすごくて、あんまり好きじゃなくて。

けど、おいしい豚まんがあるっていうんだから行くしかない。

本場の小ぶりな豚饅頭を味わえる - 老祥記

まずは、例のおいしい豚饅頭を食べに、老舗の老祥記へ。

テレビで見かけた人もたくさんいると思います。

そのくらい有名なお店。わたし行くの初めてですけどね。

平日でも行列ができるほどの人気

お店に着いたのがお昼の13時すぎ。

あれ、思ったより並んでいる人が少ない。

老舗の豚まん屋さん

と、思ったら、店の前の列は道を開けるために途切れ、道の反対側に列ができていました。

でも、そこまで多くない。

平日だからかーと思っていたのですが、後ろを振り返るとめちゃくちゃ人が増えている。

単に並んだタイミングが良かったようです。

店内で食べる人もいれば、お持ち帰りの人も多いようで、すいすい進んでいきました。

10分も待たなかったと思います。

小ぶりでな大きさが特徴の豚まん

ここの豚まんは一般的なものよりも小ぶりで、1つ90円。

注文は1人3個からなので、270円から。

店内で食べる時も同じで、必ず1人3個(1皿)。

店内で席が空くのを待つこと5分。

座ってから、すぐに豚まんがきました。

写真、を、撮ろうかと思ったけど、待っている人もたくさんいるので撮ってません。ごめんなさい。

ちょっと残念でした

評判も良く、とても期待して食べた豚まん。

正直、ちょっと残念でした。

というのも、肉汁がすごいという噂に反して、ほとんどなかったんです。

あつあつのできたてを食べられるのかと思っていましたが、だされたのは少ししてぬるくなったもの。

生地も少しべちゃっとしていて、こういうタイプなのかなあと思ったのですが、うーん。

中の味もしっかりとついてていておいしかったのですが、うー残念。

でももしかしたら、わたしがたまたまハズレをひいてしまったのかもしれません。

それか、持ち帰ってあたためなおした方がおいしいのか。

これだけ人気のお店なんだから、多分そうなのかなあと思います。

あつあつがおいしいと思うので、次回はお持ち帰りであたためて食べよう。そうしよう。

老祥記(HP)

有名な老舗広東料理店 - 民生

豚まんだけではお腹が満たされなかったので、お次は有名老舗店の民生へ。

老舗の広東料理のお店

黄色い外観が目立ちます。

まるでカレー屋さんのような黄色加減。

休日のランチタイムは行列ができます

休日混み合うようですが、平日のこの日は外にまで列はできていませんでした。

入ったのが14時前、それでも店内はたくさんの人でうまっていて、待たずに開いている席に座れてよかったです。

この時期、寒い中外で待つのはつらい。

しかも、先ほどの豚まんと違い、普通のレストラン形式なので、回転するのにも時間がかかります。

できれば平日に行った方がいいと思いますよ。

有名なイカのテンプラを注文

民生と言えば、有名なのが「イカのテンプラ」。

てことでさっそく注文してみました。

ちくわのようなイカのテンプラ

でてきたのがこちら。

あれ、ちくわ?という反応になってしまっても仕方がない。

これ自体に味付けされているので、そのままいただきます。

素材の味そのままという感じで、おいしいかったです。

食べているとビールが飲みたくなったので、お昼から飲んじゃいました。

イカとビール、合います。

ただ、これで1600円はちょっと高いような気がしますが。

ミンチのレタス包みも注文

友達が食べたいということで頼んだ「ミンチのレタス包み」。こちらも名物のひとつだったみたいですね。

ミンチと春雨をまぜたものを、レタスに包んでいただきます。

ミンチと春雨をレタスで包んだもの

ぽろぽろと落ちやすいので、レタスの包み方に気を付けて食べてください。

味付けがちょうどよく、しつこくないのでいくらでも食べれそうでした。お腹の問題で無理でしたが。

これもおいしい。おいしいんですが、やっぱり2000円て高い気がする。

おいしいけど、値段設定が高い気がする

この他、カニチャーハンも注文しました。

どれもおいしかったのですが、値段がどうも高いように思います。

ただ、神戸の南京町という観光地だということを考えると、この値段になっていまうのかなと思います。

イカのテンプラはほんとに変わっていて、ここでしか味わえないと思うので、ぜひ行ってみてほしいです。

屋台で買って食べ歩きするのもいいですが、落ち着いて中華料理を食べるのもいいですね。

民生(HP)

まとめ

本当はもう少し食べ歩きしたかったのですが、お腹が限界を迎えました。

中華街はたくさんの学生もいて(多分、修学旅行生)、賑わっていましたよ。

せっかく行くなら、この老舗2店舗は行ってみてください。

休日は行列覚悟、平日もランチタイムは混んでいると思います。

うまいこといいタイミングを狙って、並ばずに入れるといいですね。

ついでに12月の15日までルミナリエもしているので、そちらもぜひ。

<ルミナリエの写真はこちらの記事にのせています→クリスマスシーズン到来、神戸ルミナリエできれいなイルミネーションを観てきた

以上、「神戸元町にある中華街、南京町で食べ歩き」でした。

スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアお願いします↓

記事の更新情報を配信してます↓

Twitter
facebook