大好きな北欧のフィンランドの魅力について書いてみた

青空にたなびく、白と青のフィンランドの国旗

今大人気の北欧。

そんな北欧の中でも、わたしが特に大好きなのがフィンランド。

今回は、なぜわたしがこんなにフィンランドに恋い焦がれるのかをただ書きます。つらつらと。

スポンサーリンク

あこがれのフィンランドの魅力

フィンランドに興味を持ったのは、高校生の時。

かれこれ、10年ほど前になります。

わたしの母は洋服がものすごく好きで、それでわたしもmarimekkoを知りました。

でも、自分でフィンランド行きたい!って思ったのはたしか、映画の「かもめ食堂」を観てから。

そう、まごうことなきミーハー人間の1人です。

あの映画の空気感がすごく好きで、フィンランドの食器や雑貨もかわいくて、行きたい欲がぐんぐん高まりました。

なんだかんだで、まだ1度も訪れたことのない憧れの地。

その魅力を書いていきたいと思います。

marimekko

このブログでも、トロントのお店紹介で何度か登場したmarimekko。

赤、紺、黒のマリメッコ定番のウニッコ柄

marimekkoといえば有名なのが、このUNIKKO柄。

今ではそこらかしこでカバンを持っている人を見かけます。

でもなんか、UNIKKOのカバン(赤・青・黒の定番色)を持っている人って、そこまで北欧好きではなさそうな人が多い気がする。

あくまでなんとなくですけどね。

はっきりとした色使いのmarimekko、UNIKKO以外にも素敵な柄がたくさんあるので、ぜひお店に行ってお気に入りを探してください。

わたしは、フィンランドでmarimekkoを買いたい。

「フィンランドだとmarimekkoは日本のUNIQLOみたいなものだよ!」って言ってた人がいたけど、それは絶対うそだ。

でも、もしめちゃくちゃ安かったら買いまくりたい。

marimekko公式HP

ムーミン

最近、ムーミングッズがめちゃくちゃ増えましたよね。

UNIQLOでもコラボ商品がでたり。

そんな大人気のムーミンも、フィンランドからやってきたんです。

ムーミンの石像

ムーミンの世界観を現したムーミンワールドにもぜひ行ってみたい。

漂う微妙感がまた、味があっていいところですよね。

そういえば、来年あたりに、日本にもムーミンのテーマパークができるとの噂が。非常に楽しみです。

ムーミン公式HP

iittala

わたしの母、食器も大好きなんですよ。

で、買ってきてわたしまで好きになったのがiittalaの食器。

iittalaのかわいい食器

かわいい。

これが食器棚にあるだけで、しあわせなんですよね。

母が食器好きでよかったと、心から思いました。

特別な日は、これでお茶を飲むんです。

フィンランドのコーヒーを入れて、雰囲気だけ味わったりしましたが、やっぱりフィンランドで飲みたいなと思いました。

iittala公式HP

森と湖

フィンランドといえば、森と湖の国ですよね。

まあ、実際はそこまでもりもりしてないそうですが、でもいいんです!

とりあえず、こういう光景を見たい。

生い茂る草木の中に、きれいな湖

森の中に湖。素敵ですね。

こういうところで生活してる人が、ほんとの森ガールってやつだと思う。

秋の風景と、絶対見たいのが冬の景色。

白の世界

一面真っ白な世界です。幻想的です。

絶対寒いけどね。

そのために、カナダグースを購入しようと考えています。

サンタさん

フィンランドには、サンタさんがいるのです。

大柄で長いひげのサンタさんとトナカイ

ほら、リアルサンタ!

おひげが、長い!

お前いくつなんだって思われるかもしれませんが、でも、サンタさんに会いたい。

「ふぉっふぉっふぉ」って笑ってもらいたいです。ひそかな夢。

オーロラ

寒い国の美しい現象といえば、オーロラ。

フィンランドでもオーロラを観測することができます。

空に光り輝くオーロラ

この画像はひっぱってきたものなので、フィンランドのオーロラではないと思います。

一体、どんなオーロラなんでしょうね。

ぜひとも自分の眼で確かめたい。

まとめ

まだまだフィンランドの魅力はたくさんあります。北欧デザインのスツールとか。

あと、サルミアッキとかね。わたしはあれ苦手なので書きませんでしたが。

絶対、5年以内にフィンランドに行こうと思います。

いや、行きます。行きますよ。

スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアお願いします↓

記事の更新情報を配信してます↓

Twitter
facebook