その入浴方法、ほんとうに正しいですか?

バスタブから顔をのぞかせる外国人の男の子

みなさん普段、どのようにお風呂に入っていますか?

シャワーだけ、あつめのお湯、食後に入ってすぐに就寝。

実はその入浴方法が、間違っているかもしれません。

今回は正しい入浴方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

やってはいけない入浴方法

わたしは今まで、自分の入浴方法が特に間違っているとは思っていませんでした。

ところが、今までの入り方が身体に負担をかけていたり、お湯の温度が乾燥肌をさらに乾燥させていたことがわかったのです。

シャワーでささっとすませます

これがよくないということはご存知の方も多いと思います。

シャワーでは部分的にツボ効果があったとしても、身体全体をあたためることはできません。

わたしも引っ越して来る前は家にバスタブがなかったのでいつもシャワーだったのですが、あがってすぐも寒くてぶるぶる震えていました。

今はバスタブにお湯をためてしっかりあたたまっています。

やっぱりお湯につかると気持ちいいですね。疲れの取れ方というか、リラックスできているなあと感じます。

最近はお湯にローズウォーターも入れて、さらにリラックス効果をはかっています。温泉のもととかも欲しい。

夏でも冬でもお風呂にゆったりつかることは、身体にも精神にもよいことです。

でもそのお風呂の入るタイミングや温度にも気をつけなければいけません。

熱めのお湯でいい湯だな

わたしの家のお風呂の温度設定は42度

ちょっと熱めのお湯につかると、冷えた身体があったまって気持ちがいいですよね。

でもこれ、身体のためには全然よくないんです。

というのも、高温につかるとお肌のうるおい成分であるセラミドが流れて行ってしまうんです。

そうすると、うるおいのなくなったお肌はかっさかさ。

乾燥しやすい冬に、寒いからといって熱めのお湯で入ろうものなら、さらに乾燥肌を悪化させてしまうのです。

これ最近まで知らずにいつもお風呂に入っていました。

どうりでお風呂上がりにお肌がかさかさするわけですね。

でも熱いお湯の方が身体があったまるし…なんて思った人、それも間違いなのです。

熱いお湯に入ると、確かにあったまったような気になりますが、それは皮膚の表面だけ。

身体の芯まではあたたかくなっていないのです。

だから、お風呂からあがると余計に冷えてしまって、湯冷めすることもあります。

※ただし、胃の調子が悪い時には、あえて熱めのお湯にさっと入ることが効果的な場合もあります。

おなかいっぱい、さあお風呂に入って寝よう

これわたしもよくやってたんですよ。

次の日が朝早いと早めにお風呂に入って寝たいですよね。そうすると、食後にすぐ入ることになります。

でも、食後にすぐに入浴してしまうと胃液がとまり、胃が消化不良をおこすんだとか。

また、心臓に負担もかかるので、食後すぐの入浴はさけた方がいいですね。

あと、お風呂に入ったら、身体が冷える前にお布団に入りなさいって言われてきた方も多いと思います。

でも、お風呂からあがってすぐに寝ようとしても、なかなか寝付けない時ってありませんか?

お風呂あがりは身体があったまっているので、そのあったまった身体の温度がさがりだす時が就寝のベストタイムなんです。

最近ぐっと冷え込むトロント。

なかなか寝付けなかったので足湯をしたんですが、逆にあったまって熱くて眠れなくなりました。

食後は最低30分後、寝るのは入浴後1時間たったあたりが1番いいと思います。

半身浴は毎回1時間

半身浴といえば、全身浴よりも心臓への負担が少なく、美容健康にもいいということで実践している方が多いです。

ぬるめのお湯(38度前後)に長時間つかることで、汗をたくさんながし、リラックスできてお肌にいい。

でも、長時間の半身浴はあまりよくないのです。

追い炊き機能のあるお風呂であればいいのですが、そうでないお風呂だとお湯の温度はどんどんさがってしまいますよね。

そうすると、あたたまるどころか身体を冷やすことになってしまいます。

なので、理想としては1回の時間を長くするのではなく、20分ほどの半身浴を数回すること。

といっても、働いている方からすると毎日行うのはちょっと難しいですよね。

1日に1回ゆったりお風呂につかるだけでも、十分にリラックス効果が得られると思います。

疲れたなあって時はぜひぜひ入浴時間を長めにとってください。

でも、それで睡眠時間を少なくするのはだめですよ。

また、冷え性や新陳代謝の悪い方は半身浴をしてもなかなか汗をかけません。

身体がぬれている状態だと余計に冷えてしまうので、その場合はタオルで上半身をふいたり、タオルを上半身にかけたりして体温低下を防いだ方がいいです。

わたしもかなり冷え性なので、なるべく冷えないように気をつけています。

お風呂あがりにキンキンに冷えた飲み物

お風呂からあがると、キンキンに冷えた飲み物がほしくなりますよね。

あの銭湯のコーヒー牛乳。あれほしさに銭湯に通っていた時期もありました。

ところが、お風呂あがりの冷たい飲み物は身体を冷やしてしまうので、あまりおすすめしません。

アルコールなんてもっての他です。血液がドロドロになります。

もちろん、大量に汗をかいた入浴後は必ず水分補給をしてください。常温でなくとも、冷えすぎていなければ大丈夫です。

正しい入浴方法

今回ご紹介したやってはいけない入浴方法をまとめると、こんな感じですね。

・食後30分以上後に入る

・お風呂に入る前に水分補給する

・お湯の温度はぬるめ(38度前後)

・半身浴で20分を目安に(この時も水分補給を忘れずに)

・お風呂からあがったら水分補給(冷たすぎないものを)

・湯冷めしないように靴下などをはく

・入浴後1時間くらいにお布団に入って寝る

まとめ

シャワーだけですませる人、熱いお湯がすきな人、半身浴はじっくるする人、お風呂あがりのビールを楽しみにしている人、たくさんいると思いますが、身体にとってはあまりよくないことです。

わたしもつい最近まで知らなかったんですが、自分の身体のためにも入浴方法をちょっと気にしてみてください。

実は、わたし今タモリ式入浴法というのを試しておりまして、そちらもよければご覧ください→アトピー乾燥肌なので、石けんをやめて「タモリ式入浴法」というものを試してみた

以上、「その入浴方法、ほんとうに正しいですか?」でした。

<こちらの記事もどうぞ>

5分あれば作れる、材料2つだけの簡単手作りローズウォーター化粧水
ローズウォーターで手作り化粧水に挑戦してみました。 材料2つでできる簡単化粧水です。 ローズウォーターの手作り化粧水...
今年の風邪はドライノーズが原因?お風呂で簡単にドライノーズ対策をしよう
風邪の原因は様々ですが、今年は新たに「ドライノーズ」という原因がでてきました。 ドライアイならぬ、ドライノーズ。 ...
スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアお願いします↓

記事の更新情報を配信してます↓

Twitter
facebook