え、こんなに簡単?増えたコバエを駆除する方法

ポリス

夏になるとなぜかでてくるコバエ。

いつの間にか大量発生することも…

そんなコバエに短期間で駆除できる、ものすごく簡単な方法があったんです。

スポンサーリンク

憎きコバエたち

一体どこからわいてくるのやら、やつらは気づいたら家の中を徘徊してますよね。

そんなコバエを倒すべく、わたしが実際に行った駆除方法をご紹介していきます。

めんつゆコバエホイホイ

「めんつゆコバエホイホイ=めんつゆトラップ」うわさに聞いたことがある方も多いかとは思います。

めんつゆ?って思いますよね。

でも、実力はすごいんです。

実はすごく理にかなっている

コバエは強い食品のにおいにつられてやってきます。なので、めんつゆはとてもいい材料。

そうしてやってきたコバエたちはあっけなく捕まります。

ですが、なぜやつらは捕まるのでしょうか。

コバエの呼吸器は口ではなく、胸とお腹あたりにある気門という穴なんです。

通常、その穴のわまりには脂があり、水をはじくことができます。

しかし、洗剤に含まれる界面活性剤という成分によって、その水をはじく機能が失われてしまうのです。

つまり、においで引き寄せ、洗剤で窒息させてしまうという仕組みなのです。

あっという間にできる

では、作り方を説明していきます。

<用意するもの>
・容器…わたしはプラスチックコップを使いました
・めんつゆ 3倍濃縮…ストレートでも問題ありませんでした
・食器用洗剤…お好きな香りのもの
・水…水道水でおっけーです

<作り方>
1.まず容器を8cmの高さに切る(かさが低い方が効果があるようです)

2.そこへ4cmほどお水を入れる

3.そしてめんつゆを数滴入れる

4.さらに洗剤を数滴入れる

5.完成

3分もあればできてしまいますね。

そしてこれをコバエが多く発生する台所の水回りや、ゴミ箱の近くに設置すれば準備完了です。

※強い食品のにおいであればめんつゆ以外でも作れます。お酢やワインなど。

10日間放置、その後すみやかに捨てる

このコバエホイホイ、ポイントは10日間というところ。

家の中を飛び回っていたコバエが見当たらなくなったといって捨ててはいけません。

というのも、コバエの卵が孵化するまで、だいたい1週間から10日間かかります。

なので、その孵化したコバエもキャッチするために10日間設置しておくというわけです。

そしてここで気をつけなければならないのは、10日過ぎたら必ず処理すること

コバエを見たくないなら、トイレなどに流してくださってかまいません。

コバエが捕まるならずっと置いておけばいいのでは?と思うかもしれませんが、そのまま置いておくとそのにおいにつられて新たなコバエが参上するのです。

そうならないためにも、設置期間は10日間を目安にしてください。

ちなみに、わたしが試した時は設置して4日目にコバエが増えるという事態が起こりました。かなりあせりました。

しかし、あきらめずに設置していると、7日目あたりから急にトラップに次々とかかっていったのです。

それはもうおもしろいほどに。

気づけば、キッチンのトラップに10匹以上、バスルームのトラップに5匹以上かかっていました。こんなに飛んでたという事実が恐ろしいですが。

こんな風なパターンもあるかと思いますので、1度増加してしまっても、捨てずに試してみてください。

発生源を断つ

せっかくコバエホイホイで退治しても発生源がそのままだと、またわいてくる一方ですよね。

コバエを完全に駆除するためにも、発生源はしっかりと断つ必要があります。

特に発生しやすいキッチン、洗面所、トイレ、浴室はこまめに清掃することで、発生源をなくすことができます。

といっても、なかなかめんどうではありますけどね。

大好物の生ゴミは絶対放置しない

なのでわたしは、とにかく生ゴミをキッチンに放置しないことを心がけました。

もともとシンクが小さくて三角コーナーは使用していなかったので、その日でた生ゴミはすぐに捨てます。

いくらふたつきのゴミ箱でも、生ゴミをそのまま捨てるとにおいがきつくなってしまいますよね。

なので、生ゴミは必ず別のビニール袋に入れてから捨てています。

排水口も小さく、手でちゃちゃっとゴミを取ることができるので、絶対に取り忘れがないように気をつける。(以前、玉ねぎが排水溝に引っかかっていたようで、そこにコバエが集まっていたので)

排水口に熱湯を流す方もいるそうですが、家庭の配水管によっては耐熱温度が60°までのもの(ライトグレーの配水管)があり、その場合は注意が必要です。

耐熱温度以上のお湯を流すと破損して水漏れの原因にもなるので、1度確かめてから行いましょう。

髪の毛にも気をつけましょう

髪の毛などがたまりやすい洗面所、バスタブの排水溝も要注意です。

その溜まった髪の毛にコバエが寄ってきてしまうのです。

毎日、使い終わったあとに軽く見ておくといいですね。

観葉植物、お水あげすぎてませんか?

観葉植物にお水をあげすぎてしまうと植物が腐ってしまい、そこに寄ってくることがあります。

また、花瓶なども長い間水を入れ替えないと、その腐った水に集まってきます。

その他、おそらく発生源はたくさん。

各家庭で異なってくると思いますので、最近掃除していないところは気にしておいた方がいいかもしれません。

まとめ

めんつゆコバエホイホイとコバエの発生源を断つことによって、ほぼコバエを家で見なくなりました。

たまーに飛んでるのはもう手でつぶしてます。

めんつゆコバエホイホイ、かなり簡単に作れますので、もし今コバエにお困りでしたらぜひ1度試していただきたいです。

わたしも半信半疑で試して、ちょっと感動したくらいです。

発生源を断つのはやることが多いなーと感じるかもしれませんが、家の中がいつもきれいだと気持ちも良いです。

「コバエのために」ではなく、「快適に過ごせるように」こまめにお掃除していきたいですね。

以上、「え、こんなに簡単?増えたコバエを駆除する方法」でした。

<こちらの記事もどうぞ>

蚊にかまれたらセロハンテープ!これ、ほんとにおすすめのかゆみ止め方法です
近頃あつくなって増えてまいりました、蚊。 さっそく足を5箇所ほどかまれましたよ。 アトピーのかゆみに比べればマシ...
お豆腐を水につけて保存するとまずくなるらしい。正しい保存方法とは
お豆腐の保存方法、もしかしたら間違っているかもしれませんよ。 お豆腐の正しい保存の仕方 お豆腐って、お豆腐屋さんでも水に...
スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアお願いします↓

記事の更新情報を配信してます↓

Twitter
facebook